HomeSAKAImedの取り組み>製品開発ストーリー
製品開発ストーリー SAKAImedの開発力は、国内外から高い評価をいただいています。その原動力となっているものは何か。現場の技術者の思いとは?開発の姿勢と、仕事に取り組むスタッフの姿をご紹介します。
模倣されることはあっても、模倣はしない 狭いスペースでも多様な入浴ニーズに対応可能 社員の情熱が結集し、世界基準のマシンを生んだ
世の中にない製品づくりにかける 開発現場から

「手掛けた製品が全国の施設で使われ、『ありがとう』という言葉をいただくと、この仕事をして本当によかったと思う」。SAKAImedは常に、より人にやさしく、より安全で、より使いやすい製品づくりをモットーにしています。

リフトインパス「ホーミィイース」
リフトインパス「ホーミィイース」開発プロジェクト

小規模多機能型居宅介護事業所向けの入浴装置として高い評価を受けている「ホーミィイース」。細かな気配りと高い技術、そして熱い想いで「普通のお風呂に近い入浴装置」の開発に取り組んだスタッフたちの挑戦を紹介します。

Compassトレーニングマシン「プレクサ―シリーズ」開発プロジェクト
Compassトレーニングマシン「プレクサ―シリーズ」開発プロジェクト

お客さまにさらにご満足いただけるトレーニングマシンを目指して開発された「プレクサーシリーズ」。担当したスタッフたちは海外と頻繁にやりとりしながら、かつてないスピード感で世界基準のマシンを作り上げました。