Home会社情報>沿革

沿革

1881年 明治14年 3月 酒井嘉平治、医療機器製造業を開始。
1893年 明治26年
わが国で初めて電気治療器のコピーを製造。
1905年 明治38年
東京医療電気製造所を設立。
1939年 昭和14年 12月 酒井医療電機株式会社設立。
代表取締役酒井信正。
1943年 昭和18年 2月 代表取締役に酒井嘉信が就任。
1949年 昭和24年 11月 代表取締役に吉倉正が就任。
1953年 昭和28年
薬事法規定により医療用具製造者として登録許可番号東用第85号、工場許可番号第342号を取得。
1962年 昭和37年 3月 事業拡大にともない、酒井医療販売株式会社を設立。
代表取締役に加藤辰雄が就任。
1970年 昭和45年 4月 札幌営業所開設。以後営業所の順次拡充をはかる。
1973年 昭和48年 11月 埼玉県川口市に工場を新設。
1977年 昭和52年 3月 酒井医療販売株式会社を吸収合併し、新社名を酒井医療株式会社とする。代表取締役に加藤辰雄が就任。

  10月 代表取締役に中澤清が就任。
1979年 昭和54年 6月 埼玉県川口市に西川口工場を新設。
1980年 昭和55年 8月 埼玉県川口市に商品センターを新設し、物流体制の確立をはかる。
1981年 昭和56年 11月 創業100周年。
1984年 昭和59年 2月 フィットネスプロジェクトチームを発足。
1988年 昭和63年 3月 白井工場を新設し、開発・製造の合理化をはかるとともに、安定した供給体制をめざす。
1990年 平成2年 10月 株式会社酒井医療長野工場を設立。
1992年 平成4年 4月 サイベックスジャパン株式会社(後の株式会社メドフィックスサカイ)を設立。
1993年 平成5年 11月 白井倉庫を新設し、全国的な物流ネットワークの一層の充実をはかる。
1994年 平成6年 2月 代表取締役に矢内巧彦が就任。
1999年 平成11年 3月 代表取締役に加藤毅が就任。

  10月 介護エイドバス“ロベリア”グッドデザイン賞受賞。
2000年 平成12年 6月 白井工場ISO9001認証取得。
2001年 平成13年 12月 本社新社屋竣工。
2002年 平成17年 9月 株式交換により株式会社酒井医療長野工場、株式会社エムエス、グループエンジニアリング株式会社の3社の100%子会社化を実施
2005年 平成17年 1月 トレーニングマシン「コンパス」がドイツ以外の国の製品として初めてTÜV/ZATの認証を取得。

  7月 ISO9001認証を全社で取得。

  9月 ISO13485認証を全社取得。

  12月 企業イメージの向上をはかるためブランドマークを一新し、ブランド名を「SAKAImed(サカイメッド)」へ変更。
2006年 平成18年 4月 生産能力強化を図るため白井第一工場を新設。
2009年 平成21年 10月 株式会社セントラルユニと資本提携を行い、シップヘルスケアホールディングスのグループ企業となる。
2010年 平成22年 4月 代表取締役に山本博が就任。
2011年 平成23年 3月 グループエンジニアリング株式会社を吸収合併。
2012年 平成24年 8月 リハビリテーション強化型高齢者住宅「リハモードヴィラ白井」を開設。
2013年 平成25年 6月 新宿区山吹町に本社移転。
2016年 平成28年 4月 代表取締役に早川澄が就任。