海外でも使えますか?機内持ち込みは?

この製品は海外でも使えますか?飛行機では機内持ち込みできますか?などのご質問にお答えいたします。

海外でも使えますか?

ACアダプタの定格電圧は100-240Vに対応していますので、行き先がこの電圧範囲内(これを外れる国はまずないはずですが)であれば「変圧器」は必要ありません。

ただし、コンセントに差し込むプラグ形状は現地に合わせて「変換プラグ」をご用意下さい。
Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・Oタイプ・BFタイプの5種類の変換プラグがセットになった商品などがございます。こういったセット商品が1つあればアメリカ・カナダ・香港・ヨーロッパ・オーストラリアなどの主要国で使用できます。

 

飛行機では、機内持ち込みですか?預け荷物ですか?

JALの規定を一例に挙げます。
http://www.jal.com/ja/safety/airport/baggage.html

内蔵される各々の電池の容量が以下の容量を超えないものとあります。

  • リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの
  • リチウムイオン電池はワット時定格量が160Wh以下のもの
  • リチウム含有量が2gを超える場合、またはワット時定格量が160Whを超える場合は機内へお持込みもおあずかりもできません。

フィジオアクティブHVに搭載されているバッテリーは

  • 電源電圧7.4V
  • 電池容量1,250mAh
  • リチウムの含有量は2g以下

なので、計算すると
エネルギー容量(Wh)=電圧(V)×電流容量(Ah)
7.4(V)×1.25(Ah)=9.25(Wh)
となりますので、規定にある160Whには到底及びません。
機内持ち込み、手荷物お預け、どちらでも可能です。

ただし、治療用ゲルなどの100ml以上の液体は機内持ち込みができません。ご注意ください。100ml(g)を超える液体物は預け手荷物へ。

 

※ ご参考までに

リチウム電池には、使いきりの「リチウム電池(一次電池)」と、充電して繰り返し使える「リチウムイオン電池(二次電池)」の二種類があります。
使いきりを「リチウム一次電池」、充電式を「リチウムイオン電池」とした場合、「リチウム含有量」が問われるのは、使い切りの「リチウム一次電池」のほうです。

小さいものでは「コイン電池・ボタン電池」などがあり、大きなものでは「直径50cm以上の大型掛時計」といったものが該当しますが、大型のものでも1.5g程度のようです。機内持込みも、預けも出来ない「リチウム含有量が2gを超える」電池とは例えば、AED(除細動器)で6gといったものが挙げられます。

また、ワット時定格量160Wh以下という点で、現在主流の充電式の「リチウムイオン電池」ですが、身近なもので見てみると、
・デジカメ用のバッテリ(3.7V 1,100mAh)で4Wh
・携帯電話(3.7V 900mAh)で3.4Wh
・ノートPCのバッテリ(11.1V 4,400mAh)で48Wh
・充電式工具マキタのバッテリ(36V 2.6Ah)で93.6Wh
よって機内持込みも預けも出来ない「ワット時定格量が160Wh」を超えるリチウムイオン電池は通常ではほぼ無く、電動アシスト自転車用のリチウムイオン電池(25.2V 13.2Ah)332.6Whくらいのようです。

記事引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/ccobouex/13528366.html

※ 最新の情報は航空会社様にお尋ねください