ビューズ・アイ身体組成専用超音波画像装置ビューズ・アイ

P-VZ-001
ビューズ・アイ

測定部にプローブを当てている力がわかる超音波画像装置

いつでも、どこでも、だれでも簡単に使える。

表示されるガイダンスに従って測定すれば、誰でも簡単に使用することができます。
また、超音波プローブの当て方(測定位置)、測定部位の解剖図、映し出される皮下組織のサンプル画像を確認することが可能なため、脂肪、筋の判別にも役立ちます。

主な特徴

骨格筋の硬さ測定。

骨格筋の硬さ測定。

特許取得の「プローブを押し当てる力(gf)を検出できる機能」を用いて、測定部位へ加えた圧力に対する皮下組織の変位量を測定することで、ヒト骨格筋の硬さを客観的かつ定量的に測定することが可能です。

皮下組織の厚さ測定。

皮下組織の厚さ測定。

プローブを当てた時の押し当てている力(gf)を数値としてリアルタイムに表示するため、測定部位を押し潰してしまうことがなく、簡単操作で高い再現性を実現します。
今までの超音波画像装置では実現できなかった「圧」(圧迫力=押し当てる力)を定量化させることが可能です。

USB接続するだけの簡単準備。

USB接続するだけの簡単準備。

ビューズ・アイ本体とパソコンをUSB接続するだけの簡単準備です。
本体重量約2kgの薄型軽量装置で可搬性に優れ、フィールド測定に最適です。

仕様

身体組成専用超音波画像装置 ビューズ・アイP-VZ-001

寸法 350(W)×285(D)×60(H)mm
質量 約2kg
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 12VA
方式 超音波Bモード リニアプローブダイナミックスキャン
プローブ 6MHz 64素子 リニア型
有効測定幅 37mm
有効測定深度 約80mm(測定部位の状態、条件により異なります)
通信方式 USB1.1(12Mbps)
画素数 113×320dot(0.325mm/dot)
付属品 電源コード、USBケーブル、ミルクローション、保証書、データ管理ソフト、取扱説明書(CD-ROM)
OS Windows7/8
メモリ 512MB以上
HD空き容量 40MB以上(インストール時)
CPU クロック速度300MHz以上のプロセッサを搭載したPCを推奨
ディスプレイ解像度 1024×768ピクセル以上
※別途、パソコンが必要です。
※本製品は医療機器ではありません。