超音波画像診断装置HM70 EVO

AES-322
HM70 EVO

高画質、高機能ながら、初心者にも使いやすいやさしい操作性を装備。

優れた機動性で多様な検査ニーズに応えます。

HM70 EVOは、多様な医療ニーズをサポートするポータブル超音波画像診断装置です。画質にこだわりハイエンドプラットフォームイメージングを採用。使用者の操作性を徹底的に追求したワークフローを実現し、あらゆる場面での活用を想定して機器の耐久性を高めることで、多種多様な臨床現場での対応を可能にしました。進化する医療ニーズに適切に対応し、臨床現場をリードする先生方をサポートします。

ClearVision

ノイズ低減フィルタによって超音波画像の輪郭を強調し、鮮明な2D画像を生成して、診断の精度向上をサポートします。さらに、ClearVisionはライブスキャンモードにおいてアプリケーションの最適化を行い、高いリアルタイム性を実現します。※特定のプローブ、モードにて使用が可能です。

HQ-Vision

わずかにほやけて不鮮明に見える超音波画像を明瞭にし、より鮮明な超音波画像を生成することで、診断の精度向上をサポートします。

S-Harmonic

深度によって不均一に描出される画像のノイズを低減し、コントラストを高めることで、画像の領域全体を均一な画像として描出します。※特定のプローブ、モードにて使用が可能です。

S-Flow

末梢血管を検査する指向性パワードプラモード。末梢血管も含めた血流強度を示すパワードプラモードに加えて、血流の方向に関する情報を表示します。※特定のプローブ、モードにて使用が可能です。

主な特徴

AI技術で神経を自動検出 NerveTrack(ナーブトラック)機能。※オプション機能

AI技術で神経を自動検出 NerveTrack(ナーブトラック)機能。※オプション機能

ディープラーニングにより、スキャン中にリアルタイムで神経を検出。さらに、術者がプローブを動かすたびに、神経の位置を追跡します。

【対象神経】
正中神経、尺骨神経、橈骨神経、腕神経叢、坐骨神経、総腓骨神経、脛骨神経、大後頭神経
※特定のプローブ、モードで使用可能です。詳細は、弊社担当者にお問合せください。

簡単操作の、直感的なインターフェース。

簡単操作の、直感的なインターフェース。

直感的な操作が可能なボタン配置、そして、ひと目でわかりやすい画面レイアウトにこだわりました。簡単な操作で必要な情報に素早くアクセスできるので、ストレスなく検査できます。

耐久性を強化。

耐久性を強化。

背面パネルには波状デザインで耐久性の高いカバーを採用しました。

ハードな環境にも対応。

ハードな環境にも対応。

付属のキーボードカバーが液体やホコリなどの汚れから製品を保護。

1回のフル充電で、ほぼ1日使用可能。

1回のフル充電で、ほぼ1日使用可能。

外付けのバッテリーパック(別売)を使用することで、最大7.5時間の連続使用が可能です。院内はもちろん外出先などでも、不安なく使用できます。

仕様

超音波画像診断装置 HM70 EVOAES-322

外形寸法 383(W)×355(D)×67(H)mm
質量 6.0kg(バッテリー含む)
イメージングモード Bモード・カラードプラモード・パワードプラモード・PWモード・Mモード
構成 電源コード、ACアダプター、バッテリー、超音波ジェル
一般的名称 汎用超音波画像診断装置
医療機器認証番号 304ADBZX00117000
クラス分類 特定保守管理医療機器(クラスⅡ)

リニアプローブ LA3-16AD-AAES-P1011

周波数 3-16MHz

コンベックスプローブ CA1-7AD-AAES-C2011

周波数 1-7MHz

※シングルクリスタル

仕様

オプション 型式 寸法 質量
専用カート AES-A001 550(W)×543(D)×823~1003(H)mm 25kg
フットスイッチ AES-A101 - -
プリンター AES-A201 - -
プリンタートレイ AES-A205 - -
外付けバッテリーパック AES-A301 - -
ビデオ出力 AES-A401 - -