Home会社情報>事業概要

事業概要

リハビリテーション 医療・福祉・保健。
リハビリテーションを軸に
総合的なビジネス展開をしていることが、
当社の特徴です。

SAKAImedの製品群

パワーリハビリテーション事業

「パワーリハビリテーションはエビデンス(科学的根拠)がしっかりしており、正しい方法で行えば必ず効果が得られる手段だと確信できたので導入しました」。
兵庫県の、あるデイサービスセンターの理事長の言葉です。そして「ご利用者さまの表情が明るくなり、自信に満ちてくる。家庭での会話がはずみ、食事がおいしくなる。パワーリハビリテーションは身体能力の改善にとどまらず、地域に欠かせない機関になっています」とも。
当社が、広く普及活動を行ってきた「パワーリハビリテーション」は、要介護高齢者の“介護予防・自立支援”と超虚弱高齢者の“介護軽減”を実現し、介護保険料の削減となり、介護保険制度そのものの継続を確実にする手段にもなっています。

入浴装置事業

「水治療法装置のノウハウを生かして、進行性筋ジストロフィーの子どもたちの入浴方法を開発してほしい」。この依頼が当社に一つの転機をもたらしました。日本のリハビリテーションの始まりの頃、当社が力を入れたのが水治療法でした。多くの先生方のご指導により「水治療法機器の酒井」としてゆるぎない信頼を築き上げていた中での依頼でした。その子どもたちの入浴方法の開発が「1日中ベッドの上で過ごしているお年寄りの入浴方法を考えてほしい」につながり、「順送式入浴装置」の開発となりました。
順送式入浴装置の開発がきっかけで、高齢者施設における施設基準に「特殊入浴装置」が組み込まれ、次々と高齢者福祉施設ができました。以来当社は、福祉施設や病院における入浴装置のトップシェアを誇っています。

メディカルリハビリテーション事業

創業間もない頃から1世紀を超える長きにわたり、病気や怪我による障がいを抱えた患者さんの、身体的な機能回復を目指すリハビリテーションのために、当社は、電気治療器、水治療器、機能訓練機器をはじめ、運動療法、作業療法、ADLなどの治療・訓練機器にいたるまで、リハビリテーション分野のすべての機器、装置を提供しています。また、障がいの度合い、回復の度合いなど、筋機能や動作機能などを高い精度で測定し評価する、測定・評価機器も提供しています。
アメリカとともに先陣を切って“アイソキネティック理論”の普及に尽くすなど、日本のリハビリテーションの発展の一端を担ってきた当社は、今求められている「エビデンス(科学的根拠)に基づくリハビリテーション」の確立にも大きな期待を寄せられています。