Home製品のご案内介護浴槽>仰臥位入浴

仰臥位入浴

仰臥位入浴の介護浴槽とは、ご利用者を専用のストレッチャーなどを使用することで仰臥位(寝た姿勢)のまま入浴させることができる介護浴槽です。

入浴介護でもっとも重労働となる作業を軽減するためのものです。車椅子でも座位姿勢が保持できない、介護度の高い方を対象としているため、主に介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や療養型病院の病棟浴室などで使用されています。また、障がい者の入所施設などでも多く使用されています。

仰臥位入浴は、浴槽の大きさやお湯の使用方法(循環・使い捨て・シャワー)などで大別することができます。その中でも、入浴効率の違いや殺菌装置内蔵型などその機能によりさらに詳細に機種が分かれてきます。酒井医療株式会社では、業界TOPの浴槽ラインナップで、お客様の多様なニーズにお応えできる仰臥位入浴のソリューションをご提供いたします。

製品一覧

大型浴槽

  • トータルエイドバス シルフィード
  • 介護エイドバス ロベリアプラス
  • 移乗エイドバス スピノ
  • スーパー
ラダリバス

小型浴槽

  • エレベート
バス
  • 新湯式仰臥位浴槽 アリッサム
  • コンパクト浴槽 エレベール
  • 有料老人ホーム・
サ高住向け浴槽 ルピナス

シャワー浴槽

  • シャワー浴槽 PAO