Home今すぐ使える専門知識ハンドセラピィ>1. スプリント療法 : (1) スプリントの作り方

スプリント

スプリントの目的は、患部の固定、関節の変形予防や矯正、代償や訓練などです。 痛みや炎症が起きている部位を安静に保つための固定、リウマチなどによる関節変形の予防、骨折部位や術後の軟部組織の保護、麻痺で弛緩した筋の代用など、期待する効果に応じて様々な目的で作製することができます。
ここでは、ハンドセラピィで作製する頻度の高いスプリントの作り方を紹介します。

スプリントの作り方

コックアップスプリント (アクアプラストの特徴をいかした方法 1分56秒)

ハンドセラピィで作製成する頻度の高いコックアップスプリントを動画とナレーションで紹介します。
型紙を用いない「直接法」で、短時間で作製できるメリットがあります。

コックアップスプリントの写真

アクアプラストの特徴

1.温めると透明(半透明)になり、加温状況がひとめでわかります。
2.形状記憶性があるので、何度でもやり直せます。

コックアップスプリント (ポリフォームの特徴をいかした方法 2分19秒)

ハンドセラピィで作製成する頻度の高いコックアップスプリントを動画とナレーションで紹介します。
型紙を用いない「直接法」で、短時間で作製できるメリットがあります。

コックアップスプリントの写真

ポリフォームの特徴

1.加温時に非常に柔らかくなるため、重量を利用するだけで、細部の凹凸に柔軟に対応した美しいスプリントが作製できます。

ガントレットサムスパイカ (プレカットを使用した場合)

ガントレットサムスパイカの写真
母指MP関節とCM関節固定に良く利用されます。
既にパターンにカットされたプレカットを使用した場合10分程度で完成します。

スプリント素材一覧 

スプリント素材の写真

スプリント素材は作製する目的や部位に合わせて適切なものをお選びいただけるよう、それぞれ特徴のある6種類をラインナップしています。
これからスプリントを始める方やどの素材を選んでよいか迷う方には「アクアプラスト」をお勧めします。アクアプラストは、加工に最適な温度になると透明に変化し、失敗してもお湯に戻すと元の形に戻る形状記憶性があり、厚さや穴のあき方のバリエーションも充実しています。

  例) 手関節のコックアップスプリントの場合  アクアプラスト−T 厚さ2.4o、2%穴あき

スプリントの選び方の目安

償還価格

酒井医療で扱っているスプリント素材(アクアプラスト、ポリフォーム、ポリフレックスU、テイラースプリント、イージーフォーム、サンスプリント)は、「副木」として医療用具の届出をしていますので、骨折患者の安静維持、良肢位の確保や保護を目的として骨折部位周辺を外部より支持固定する材料として用いた場合、特定保健医療材料料(副木(1)軟化成形使用型)として請求できます。

機能区分 材料価格(2014年4月現在)
056 (1)軟化成型使用型 償還価格
1. 手指・足指用 2,630円
2. 上肢用 1,740円
3. 下肢用 4,610円
4. 鼻骨用 1,010円

お問合せ

スプリントに関するお問合せはこちらのボタンから。
メール確認後、担当者よりご連絡いたします。

医師、作業療法士、理学療法士、義肢装具士、柔道整復士の方にスプリント専用カタログと1/16シート(11×15p)のサンプルシートを用意しております。

上記 お問い合わせボタンよりご連絡ください。