パスリーダー磁気刺激装置 Pathleaderパスリーダー

IF-PL1001
パスリーダー

電流刺激とは異なる新たなアプローチ。
多連発かつ連続的磁気刺激の実現。

痛みや不快感を伴わない磁気刺激。

「Pathleader (パスリーダー)」は、末梢神経に磁気刺激を与え、筋の収縮を誘発する医療機器です。電気刺激と比べて痛みや不快感を感じにくい状態で深部の神経線維にアプローチすることができます。

着衣のままで刺激可能。

経皮的電気刺激のように粘着パッド等を皮膚表面へ貼り付けることは不要になり、服の上からプローブを近づけるだけで刺激が可能になりました。 かぶれなど皮膚の弱い方へも安心して使用できます。

様々な部位の刺激が可能。

刺激する部位に握りやすいハンディプローブをあててフットスイッチを踏むだけ。モーターポイントの探索や、部位の変更なども容易に行うことができます。また、舌骨上筋群などの小さな筋群への刺激を行える新型コイルUC-1が新登場。狭い範囲に集中した磁気刺激を行えます。

主な特徴

表層の痛覚神経刺激を低減。直接、深部の神経線維にアプローチ。

表層の痛覚神経刺激を低減。直接、深部の神経線維にアプローチ。

磁気刺激は経皮的電流刺激とは異なるアプローチで神経線維への刺激を行います。プローブ内コイルのパルス電流により磁束を作り出し、筋内で「渦電流」を発生させることがその特徴です。

舌骨上筋群などの小さな筋群への刺激を行える新型コイルUC-1。

舌骨上筋群などの小さな筋群への刺激を行える新型コイルUC-1。

PMSコイルUC-1は、狭い範囲に集中した磁気刺激を行えます。不要な部位を刺激せずに、局所的に強力な渦電流を誘発して「強縮」を起こすことも可能です。

三次元に自由な調節・固定が可能なアーム付きカートで、様々な姿位に対応可能。

三次元に自由な調節・固定が可能なアーム付きカートで、様々な姿位に対応可能。

アームは、三次元に自由な調節・固定ができるので臥位や座位など様々な姿位での刺激が可能です。
コイルスタンドは座高に合わせて調節できるように、高さ調節機能が付いています。

磁気刺激の実施例

仕様

磁気刺激装置 パスリーダー(専用カート付)IF-PL1001

本体寸法 340(W)×265(D)×175(H)mm
本体質量 15kg(刺激コイル:約1.5㎏)
電源 AC100V(50/60Hz)10A
消費電力 1kVA
周波数 10 ~ 50Hz(2.5Hz可変)
出力設定 10~100%(60~600V 1%可変)
刺激時間 連続刺激時間 最大2秒
連続休止時間 最小2秒
パルス幅 200〜450μs(刺激コイルによる)
最大磁束密度 0.85〜0.94T
最大磁束変化率 11~20kT/sec
磁場波形 バイフェージック
コンデンサ寿命 約2500万回
電撃保護形式 クラスⅠ
電撃保護程度 BF形装着部
【構成】     パスリーダー本体/PMSコイルTC-1/フットスイッチ/専用カート/電源ケーブル

磁気刺激装置 パスリーダー アーム付カートセットPL-CTA

本体寸法 340(W)×265(D)×175(H)mm
本体質量 15kg(刺激コイル:約1.5㎏)
電源 AC100V(50/60Hz)10A
消費電力 1kVA
周波数 10 ~ 50Hz(2.5Hz可変)
出力設定 10~100%(60~600V 1%可変)
刺激時間 連続刺激時間 最大2秒
連続休止時間 最小2秒
パルス幅 200〜450μs(刺激コイルによる)
最大磁束密度 0.59~0.68T
最大磁束変化率 11〜20kT/sec
磁場波形 バイフェージック
コンデンサ寿命 約2500万回
電撃保護形式 クラスⅠ
電撃保護程度 BF形装着部
【構成】  パスリーダー本体/PMSコイルUC-1/フットスイッチ/専用カート/電源ケーブル

磁気刺激装置 パスリーダー コイルスタンドセットPL-UC

本体寸法 340(W)×265(D)×175(H)mm
本体質量 15kg(刺激コイル:約1.5㎏)
電源 AC100V(50/60Hz)10A
消費電力 1kVA
周波数 10 ~ 50Hz(2.5Hz可変)
出力設定 10~100%(60~600V 1%可変)
刺激時間 連続刺激時間 最大2秒
連続休止時間 最小2秒
パルス幅 200〜450μs(刺激コイルによる)
最大磁束密度 0.59~0.68T
最大磁束変化率 11〜20kT/sec
磁場波形 バイフェージック
コンデンサ寿命 約2500万回
電撃保護形式 クラスⅠ
電撃保護程度 BF形装着部
【構成】 パスリーダー本体/PMSコイルUC-1/コイルスタンド/フットスイッチ/専用カート/電源ケーブル