フィジオ ショックマスター拡散型ショックウェーブフィジオ ショックマスター

SHM-S2

詳細主な特徴へ戻る

足首

足首

臀部

臀部

肘

膝

肩

腰

首

足底

足底

仕様主な特徴へ戻る

ショックマスター(本体のみ)SHM−H-2

寸法 360(W)×180(H)×380(D)mm
質量 12㎏
電圧 AC100V
電源入力 200VA以下
周波数 50/60Hz
セット内容(付属品) ショートハンドピースセット1個
リビジョンキット1個
ゲル
電源コード
区分 管理医療機器(クラスⅡ)・特定保守管理医療機器
承認番号 22700BZX00105000

ショックマスター フルセット(専用ワゴン、Vアクター付き)SHM-S2

セット内容 本体セット(SHM_H-2)※
専用ワゴン(SHM_W)
Vアクターハンドピース(SHM_V)
寸法 本体:360(W)×180(H)×380(D)mm
専用ワゴン含む:560(W)×1140(H)×600(D)mm
重量 本体:12kg
専用ワゴン:32.5kg

※ ショートハンドピースセット(1個)、リビジョンキット(1個)は本体セットの中に含まれています。

ショートハンドピースセット ※初回導入時のセット

セット内容
※初回導入時
標準ハンドピース
ビームアプリケータ 15mm
ディープアプリケータ 15mm
D-Actorアプリケータ 20mm
Oリングセット(交換用)
レンチ(交換用)
Lレンチ(交換用)
ガイドチューブ(交換用)
ピストン(交換用)

ショートハンドピース交換用再生キットSHM_RK

セット内容
※ 消耗品・別売購入時
ハンドル
ガイドチューブ
ピストン

リビジョンキット(ショートハンドピース用)SHM_RS

セット内容 Oリング(2セット)
ピストン(2個)
ガイドチューブ(2本)

VアクターハンドピースセットSHM_V

セット内容 V-Actorハンドピース
V-Actorアプリケータ25mm
V-Actorアプリケータ40mm

仕様主な特徴へ戻る

品名   型式 価格
ショックマスター専用ワゴン 別売付属品 SHM_W
D-Actorアプリケータ 35mm 別売付属品 P-SW-C005
フォーカスアプリケータ 15mm 別売付属品 P-SW-C006
ポイントアプリケータ 6mm 別売付属品 P-SW-C007
ショックマスター専用キャリーバック 別売付属品 P-SW-C012

※ 価格はすべて税別価格です

フィジオ ショックマスター

臨床・スポーツフィールドへ新たな選択肢をもたらした圧力波治療®

世界65カ国で使用されていた圧力波(拡散型ショックウェーブ)が 2015年に日本で初めて承認され、「ショックマスター」は、 臨床・スポーツフィールドに新たな治療の選択肢をもたらしました。
その間にも臨床データを世界中から収集し、独自の治療プロトコル「トリートメントガイド」のアップデートやハンドピースの軽量化を行ってきました。
ショックマスターは進化を続けるユーザーフレンドリーな治療器です。

主な特徴

全身の筋・腱の治療に有効

首から足底まで、ショックマスターの治療部位は全身の筋・腱の治療に有効です。ショックマスターによる圧力波治療法は外科的手術が必要とされた患者様へのもう一つの新しい選択肢となっています。

圧力波の原理

コンプレッサーにより発生させた圧縮空気をパルス状に開放させ、ピストンがアプリケータにぶつかることで圧力波を生み出しています。

治療プロトコルを搭載

治療部位に対しての具体的なショット数、出力強度、周波数などを画面を見ながら使用できます。

圧力波によるポイント刺激

圧力波によるポイント刺激

ビームアプリケータ(15mm)によるポイント圧力波で集中的に治療します。
【 疼痛緩和 】

圧力波 × 振動による周辺刺激

圧力波 × 振動による周辺刺激

Dアクターによる圧力波と同時に振動を加えて、患部周辺をほぐす治療を行います。
【 筋緊張緩和 】
【 血液循環の改善 】
【トリガーポイントの治療 】

振動による全体刺激

振動による全体刺激

Vアクターによる振動で全体をならします。
【 代謝活性の刺激 】
【 リラクゼーション 】
【 微小循環の改善 】

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い(1)

体外衝撃波治療器(体外衝撃波疼痛治療装置)は患部となるターゲットの大きさが卵1個分程度の局所集中型で、尿管結石の体内破砕などに使用されます。

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い(2)

拡散型圧力波治療器であるショックマスターは、焦点が無く、拡散するため、ターゲットが広範囲に及び、筋・腱の治療に適しています。

本体画面でプロトコルを見ながら治療が可能

本体ディスプレイで、治療別、トリガーポイント別、関連運動別、部位別で治療方法を調べることが可能。

動画

関連情報

製品使用事例